検索
  • INFO WO

時には営業活動のように

婚活において、相手のニーズを知ることは大切です。それは営業活動に通ずるものがあります。新しい情報を得て、相手を知る。そして本音はどこにあるのか探り出す。



外見や年齢という、表面的な情報だけではなく、他に何か相手が求めているものがないか、導き出す。相手のプロフィールを読み込んで、どんな生活をしてどういった背景があるのか、どういう人物なのか、読み取ることが必要でしょう。



趣味などの情報を事前に把握しておいて、会った時には、相手が好きなこと、気に入っていることを知ることができるかどうか。質問をして深掘りをしていきます。



しかしながら、聞いているだけでは、相手の情報を知ることはできても、インパクトを与えることはできません。聞き出すだけでなく、自分を売り込む。相手の情報を理解し、自分もそれに興味を持っていることを示す。共感したり、自分もやってみたい、興味があるとアピールする。そうやって相手に対する関心を最大限に示す。



興味を持って、相手を知り、時には本人も自覚していないようなニーズを探り当てる。自分がそのニーズに応えられる人物であると売り込む。そういった点で営業活動に似ているとも言えるのではないでしょうか。




最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す