top of page
検索
  • INFO WO

素敵と思ったことは言葉にして初めて伝わる

「言葉」にしなければ自分の考えは何も伝える事はできません。


「黙っていても以心伝心で伝わるものだ」と思う人もいるかもしれませんが、そこに「分かってもらえて当然」という思い込みがあるかも知れません。


態度で示すという方法もあります。


言葉にする必要の無い事もあるでしょう。


しかし、言葉にする事でしか伝えられない事の方がよっぽど多いのが現実です。


「自分の気持ちを率直に表現する」という意味で自分の意志を示す事は大切であり、それは決してわがままではありません。


心がけたいのは自分を大切にし、相手も同じように大切にするという気持ち。


その上で自分の意志を言葉にするかどうか判断する。


「言いたいけれど、言えない」という発想を、「言いたいことを言える」に変化させる。


そして状況に応じて「言えるけど、言わない」ことも選ぶ。


何を言うか、言わないか、自分の意志で選ぶことが大切なのです。


自分の思いを口にせずストレスを抱えたままの人もいるでしょう。


それが自分と全く関係性がない相手であれば、口にせず我慢すれば済むでしょうが、自分の人生に関わってくるような相手であれば、自分の考えを表現しない限り、相手の自分に対する認識は変わりません。


伝える事で初めて相手が気づく事も多いでしょう。


例えば人間関係であれば、一言が足りないために、関係をこじらせてしまうことは少なくありません。


また、考えを口にせず自分を抑えながらのコミュニケーションをする事で次第に不満がたまってしまう事もあります。


逆に何かの弾みで今までの不満をぶつけてしまい、自分も相手も嫌な気持ちになり、人間関係を悪化させる事も考えられます。


感情的にならず、自分がどうあって欲しいのかを言葉にする事で現状を変化させる事は可能です。


自分の中でけじめをつけたいと思えるなら、言葉で伝えるというのは一つの方法です。


また、ねぎらいや感謝の言葉=ポジティブな表現は、気持ちのよいコミュニケーションを生み、よい人間関係につながっていきます。


例えば、エレベータの開ボタンを押して待ってくれている人がいたら、会釈するだけでなく、「ありがとうございます」と声をかけてみましょう。


こうしたポジティブなコミュニケーションも、立派な自己主張です。


そして自分の考えや感謝を言葉にする大切さは、相手に対する好意や素敵に思う事を伝えるという事にもあてはまります。


ちゃんと自分の意見を持っているよね。


その考え方素敵だと思う。


優しいよね。


いつも頑張っていてすごいね。


おしゃれだよね。


その靴かっこいいね。


ピアス可愛いね。


その髪型素敵だよ。


単純に容姿を褒められると相手も恐縮して素直に喜べない事もありますが、パーツやセンス・人間性を褒められると素直に嬉しいものです。


相手を褒めるという事は、相手に対する自分の感動や好意を言葉にする事です。


もちろん何を言わずともお互いが好意を寄せ合う事もあるでしょうし、言葉にする必要の無い関係もあるでしょう。


しかし、自分の気持ちを伝えたり相手に喜んでもらうためには、言葉のコミュニケーションはとても大切です。


婚活においても同様です。


婚活にも色々な方法がありますが、例えば結婚相談所の場合ですと、活動期間は限られます。


その時に、相手へ伝えたいと思う事は、言葉にする意識がとても大切です。


会えた時に、嬉しい事や楽しい事があれば感情を表現する


相手の気遣いを感じた時は素直に感謝の気持ちを言葉にする。


いつもと違うファッションやアクセサリー、髪型やアイテムなどが見つかれば素敵だねと口にする。


変化に気づいてくれる事はとても嬉しいものです。


その喜びを引き出すためにも言葉にする事は大切なのです。


最初は難しいかも知れませんが、勇気を出して言葉にしましょう。


ちょっとした言葉から感動が生まれるのです。


Коментарі


bottom of page