検索
  • INFO WO

こんな男性は男らしくない

男らしさが足りない男性の考え方や行動があります。

まず、人見知りをアピールする人。お見合いの場などで自分が人見知りである事を伝えたり、プロフィール欄に書いたり。プロフィール欄に書いても何も得はしません。敢えてそういう事をプロフィール欄に表現したいのであれば、例えば、周りからは物静かとも言われますが、話すととても明るく楽しいと言われますとか、別の表現で書く方が良いです。

また、実際に対面で人見知りするのであれば、あらかじめ相手のプロフィール内容を確認した上で質問を考えて内容を覚えておくことです。そうすれば会話の切り出しができます。それほど難しいことではありませんし、お見合いを経験すれば慣れてくるでしょう。

デートプランをしっかり決められないのも良くありません。最初のうちは男性の方が主導権を握ってお店を選ぶ。お店を決める時にもたもたしていたら頼りない印象を与えてしまいます。お店をさっと決めて、リードしてくれる決断力のある人と言うアピールをするチャンスです。その時に女性の好みを聞いたり、候補のお店を幾つかピックアップして女性に選んでもらうのが良いでしょう。わからなければ仲人に聞いてみて下さい。

自分の婚活状況を伝える男性。そんな情報を聞いたところでリアクションも取りづらいし、誰も得しません。特にお見合いではタブーです。聞かれたらさらっと答えましょう。相手に聞くのも禁物です。

以上のようなことが、男らしさが欠けていると考えられる行動や言動ですが、逆に男らしさを勘違いしている人もいます。

例えば、交際したばかりなのにいきなり相手を下の名前で読んだり、敬語からため口になったり。まだ打ち解けていないのに手を握ったり。

とりあえずは、婚活に対し一生懸命に取り組む。そうした姿勢は相手にも伝わります。真面目で優しいと理解してくれるでしょう。失敗したとしても、自分に何が足りなかったか反省することで、人は成長していきます。それが良い出逢いへとつながっていきます。




最新記事

すべて表示

人間としての魅力を持っている人は、同性にも異性にも好かれます。 魅力的な人と思われる要素としては、周りに感謝する、相手の良い所を見つける、笑顔が素敵、謙虚、人によって態度を変えない、聞き上手などがあげられます。 周りに感謝ができる人は素敵な人と思われます。 「ありがとう」という言葉を積極的に使うことで、言われた人はもちろん、言った人も幸せな気持ちになることができます。 人間の魅力は、幸せを感じた時

人柄とは、その人に備わっている性質や品格の事を言います。 そして、人柄が良いという言葉には、人間性に優れていて優しいという意味が込められています。 他人の気持ちを理解したり、寄り添ったりする気持ちの温かさがあるため、相手の心を開かせ、共感し合う関係を築きます。 人柄が良い人は、素直で粘り強く、自分がどんな性格かを理解し、他人の気持ちを理解して寄り添う事ができ、信用されるといった特徴があります。 人

結婚相談所を選ぶにあたって幾つかのパターンがあると思います。 1つは、友人知人や会社の同僚などからすすめられた相談所を選ぶ。 もう1つは自分でネットなどで調べる。 また、選ぶタイミングも人それぞれでしょう。 早いタイミングで結婚相談所を積極的に選ぶ。 または、いくつかの婚活サービスを試した後、最後の手段として結婚相談所を選ぶ。 パートナーと出会いたくて、アプリを使ってみたり、友達と一緒に街コンやお