検索
  • INFO WO

婚活に積極的に取り組む心構え

 当相談所の会員さんは、幅広く婚活に取り組んでいます。それまで数年、人と接する機会を持たなかったのですが、一念発起して婚活を始めました。



コーチングを習っている先生からは、5か月間で60人の人と会うという目標設定をされました。これは、婚活で連絡先を聞く人数ではなく、実際に2回目に会って食事などをする人数です。



8月は5人しか会えなかったとおっしゃってました。それでも十分すごい数字だと思います。



占いもしてもらいました。今年中に結果を出さないと、次は50歳までご縁が無いと言われたそうです。



占いが当たるか当たらないかは別として、本人の婚活に対するモチベーションが上がり、婚活に対しより前向きになることができました。



今は積極的に色んな婚活に取り組んでいます。それもこれも、出逢いの確率を上げるためです。会社と家の往復では、何も起こりません。自分で動いて初めて出逢いが生まれるのです。



婚活を通じて思いもよらない副産物もありました。同性のお友達ができたそうです。同じ境遇の仲間意識が芽生え、お互いを刺激し合ったり、悩みを共有したりしてより前向きに婚活に取り組む意識が高まりました。



さあ、婚活という人生のけじめをつけるためのイベントにチャレンジしましょう!



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す