検索
  • INFO WO

何歳の人に申し込むのが妥当か

自分の中で、何歳から何歳までがOKゾーンかということが、人それぞれあるかも知れません。しかしそのOKゾーンから外れた人からのお見合いお申込みのケースは多々あります。



簡単に言うと、男性は何歳になっても年下を希望したりします。特に子供が欲しいと考えて、30代中盤の方へお申込みされる50代の方なんてのもおられます。どうしてもここに男女の希望年齢のずれというものが生じます。



その時、希望年齢以外は絶対なしと決めつけることで、出会いの幅が一気に狭くなる訳ですが、いったん年齢の制限はなくして、その人のパーソナルで判断するというのも方法です。



男性は年下女性にアプローチするものだと理解して、婚活に取り組むことです。中には歳の近い人からのアプローチもあるでしょう。それはそれでありがたく受け入れればいいのです。



この点については、自分の納得感がないとなかなか行動できないでしょうが、あらためて婚活の性質・傾向ということを考えるタイミングです。



納得のいく結果を残すために、まず自分の中で気持ちを整理し明確なお相手像をイメージする。不要なこだわりであれば捨て、本質を見抜く目を持つ。婚活で結果を出すために必要なマインドです。



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す