検索
  • INFO WO

何歳の人に申し込むのが妥当か

自分の中で、何歳から何歳までがOKゾーンかということが、人それぞれあるかも知れません。しかしそのOKゾーンから外れた人からのお見合いお申込みのケースは多々あります。



簡単に言うと、男性は何歳になっても年下を希望したりします。特に子供が欲しいと考えて、30代中盤の方へお申込みされる50代の方なんてのもおられます。どうしてもここに男女の希望年齢のずれというものが生じます。



その時、希望年齢以外は絶対なしと決めつけることで、出会いの幅が一気に狭くなる訳ですが、いったん年齢の制限はなくして、その人のパーソナルで判断するというのも方法です。



男性は年下女性にアプローチするものだと理解して、婚活に取り組むことです。中には歳の近い人からのアプローチもあるでしょう。それはそれでありがたく受け入れればいいのです。



この点については、自分の納得感がないとなかなか行動できないでしょうが、あらためて婚活の性質・傾向ということを考えるタイミングです。



納得のいく結果を残すために、まず自分の中で気持ちを整理し明確なお相手像をイメージする。不要なこだわりであれば捨て、本質を見抜く目を持つ。婚活で結果を出すために必要なマインドです。



最新記事

すべて表示

人間としての魅力を持っている人は、同性にも異性にも好かれます。 魅力的な人と思われる要素としては、周りに感謝する、相手の良い所を見つける、笑顔が素敵、謙虚、人によって態度を変えない、聞き上手などがあげられます。 周りに感謝ができる人は素敵な人と思われます。 「ありがとう」という言葉を積極的に使うことで、言われた人はもちろん、言った人も幸せな気持ちになることができます。 人間の魅力は、幸せを感じた時

人柄とは、その人に備わっている性質や品格の事を言います。 そして、人柄が良いという言葉には、人間性に優れていて優しいという意味が込められています。 他人の気持ちを理解したり、寄り添ったりする気持ちの温かさがあるため、相手の心を開かせ、共感し合う関係を築きます。 人柄が良い人は、素直で粘り強く、自分がどんな性格かを理解し、他人の気持ちを理解して寄り添う事ができ、信用されるといった特徴があります。 人

結婚相談所を選ぶにあたって幾つかのパターンがあると思います。 1つは、友人知人や会社の同僚などからすすめられた相談所を選ぶ。 もう1つは自分でネットなどで調べる。 また、選ぶタイミングも人それぞれでしょう。 早いタイミングで結婚相談所を積極的に選ぶ。 または、いくつかの婚活サービスを試した後、最後の手段として結婚相談所を選ぶ。 パートナーと出会いたくて、アプリを使ってみたり、友達と一緒に街コンやお