検索
  • INFO WO

デートまでのやり取り

今回は婚活の後、デートを重ねていく段階でのやり取りについて。お見合いパーティーや街コンなどで一度お話をしてある程度盛り上がって、その日のうちにLINEでまた次会いましょうとなった時、具体的に次に会う段取りを決めるかと思います。



多くの男性が、次回会う日程や場所の提案を行うかと思います。その際、できれば早いうちに会うことをお勧めします。当然ですが、相手のテンションが上がっているうちに約束を取りつけることが大切だからです。



LINEなどでお休みなどの都合の日を聞き出す。時間帯も、ランチがいいのかお茶がいいのか夕食がいいのか。そして日時が決まればすぐにお店の候補地を幾つかあげる。和洋中など織り交ぜて3か所くらいあげてみてはどうかと思います。



お店探しは手間がかかり、面倒だと思う方もおられますが、おススメの店永久保存版として、ストックできると考えましょう。



そして、デートまでの間のやり取り。これは3手に分かれるのですが、1つは予定日までほとんど連絡しないタイプ。2つ目は一日1~2回の連絡。朝のLINEや夜のLINEを入れる感じ。そして3つ目は、積極的にLINEでやり取りを重ねるタイプ。会話の流れが続くように、文章の最後は疑問形で。



どのタイプが良いという答えはないでしょう。ここである程度、無理をしてでも盛り上がろうとして、相手とのテンションにずれが生じるかも知れません。ですので自分のペースと相手のペースを掛け合わせたものが良いでしょう。



いずれにせよ次に会う約束をドタキャンされないよう、きちんとコミュニケーションを図りましょう。




最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す