検索
  • INFO WO

giveの精神

自分が求めてばかりではなく、相手にも何かを与えるという発想がなければ、婚活はなかなかうまくいかないと言われています。



例えば、相手のプロフィールを見て、自分が重視するポイントがお見合い相手を決める要素になってきますが、相手のプロフィールばかりに目がいってしまって、自分の足元がおろそかになっている場合があります。



極端に書きますと、相手の条件を求めるばかりで、自分がどんな条件を相手に読み取って欲しいかということが、できていないケースがあるのです。簡単なことでいうと、体重。もちろんぽっちゃり体形が好きな人や、そこまで体重にこだわらないという人もいますが、プロフィールにはしっかり体重も公表されます。写真ではわかりにくくても、数字は明確です。



では、どうするか。相手に自分を良くみてもらおうとするならば、努力して痩せるべきだと思います。確かにダイエットはそう簡単ではありません。気持ちが緩むとつい食べてしまって、目標通りいかないということも多々あるでしょう。しかし、自分が相手に求めるのであれば、自分も努力が必要なのです。



他にも外見を磨くということがあります。例えば、プロフィール写真を撮影する際に、ヘアメイクをしてもらうケースが多いと思いますが、その場で仕上げてもらったヘアスタイルを、再現できるか。お見合いの場で写真と現実にギャップがあると、相手に与える印象が変わってしまいます。必ずしも同じヘアスタイルでなくてもいいですが、素敵なヘアスタイルを目指して頂きたいと思います。



また、女性であればメイクも重要です。相談所のオプションでメイクアップをしてもらえるところも多いので、そういう場で学ぶのが良いかと思います。



PR文についても、自分が相手にしてあげることがないかを工夫して作成しましょう。また、相手にアピールできる自分の良さ、自分のこれまで経験したストーリーも目に留まるように書ければいいかと思います。なかなか一人では書き切れないですが、カウンセラーと相談して書き進めていきましょう。相手にメリットを感じてもらうよう、giveの精神を意識しましょう。


最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す