検索
  • INFO WO

選択肢

相手をデートに誘いたいとき、例えば食事デートであればできれば幾つかの選択肢を提案することで、OKがもらえる可能性が広がってきます。



相手と食事を行きたい時。自分の中では〇〇という和のお店を良く知っていて有名なので、無難にそのお店を提案しようとする。



しかし、もし相手があまり乗り気ではなかったら、また都合が合えばなど、断られることもあるでしょう。



その可能性を極力なくすために、選択肢を提示します。和食とイタリアンどちらが好き?という一歩手前の質問をします。



そうすると、相手はどちらかに答えることになります。その時点で、食事に行くというハードルが少し下がります。



そして、あらかじめ和食とイタリアンの候補のお店を3つずつ調べておきます。あまりレパートリーがなければネットなどで調べるのですが、これは結構手間かと思います。しかしながらデートのため、頑張って探しましょう。また、一度調べたお店は情報のストックになります。


和とイタリアンのそれぞれ3つのお店うち一つは、そんなに特徴のないお店でもいいです。いずれにせよ相手に選ばせるのがポイントです。



3択のうち一つを選んだら、ではいつ行く?と具体的な日にちを決める。これである程度、デートのお誘いのハードルは下がるはず。相手のニーズに合わせるので成功する確率は高まります。



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す