検索
  • INFO WO

街コン

婚活の中で比較的自然に近い出逢いがあるのが、街コンです。目的意識は人それぞれですが、普通に出逢いを求める人が比較的多いです。



形式としては、飲食をしながらお話をする。イメージとしては合コンに近いと言えるでしょう。人数規模や会によって異なりますが、大体20分ほどで席替えをします。その、席を移動するまでの歓談の間に、連絡先の交換などを行います。



そして、次の席へと移動し、また別の異性の方とコミュニケーションを図ります。街コンは形式張っていない分、連絡先も交換しやすく、自由度が高いです。そこからお付き合いが始まるケースもあります。



20分という限られた時間で、いかに相手から好意を持ってもらうかがポイントです。第一印象は最初の数秒できまります。これはお見合いでも街コンでも同じです。身なりを整え、清潔感を意識し、はきはき笑顔で挨拶する。それをするかしないかで大きく印象が変わってきます。



あとは会話の内容。これはある程度自分の型というのを作るという方法があります。色んな人とお話をするの中で、どんな質問をするかを想定します。もちろん話の中身は相手によって様々ですが、自分が質問する場合のパターンを作っておいて、相手の知りたい情報や、自分のアピールするポイントなどを予め考えておくというやり方です。



勿論その場の流れで柔軟に対応するというやり方も問題ありません。要は自分がどのように異性とコミュニケーションを取ることができるのかを認識しておくと良いということです。



そうやって、街コンという出逢いの場を生かしていくことが、婚活(恋活)の第一歩となるのです。




最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す