検索
  • INFO WO

自分史

当相談所では、会員さんに自分史というものを作成頂いています。これは何かというと、その方の幼少期から現在に至るまで、どんな出来事があり、その時に何を感じたかを書いて頂くというものです。



自分のこれまで過ごしてきた人生の振り返りが可能になり、どういう考え方が自分の今に影響しているかを見える化するツールとなります。



そして、仲人の会員さんに対する理解も深まり、活動にも生かせるものとなります。一つの例としては、プロフィールのPR文に、その人の人柄などを反映することができます。



さらに自分史を用いて、自己肯定感を持ってもらうという目的もあります。



自分史に書き出した出来事やその時の考えは明確になっても、人間性や、どういったことに優れているのかは、本人ではなかなか掴めません。そこを仲人が客観的に分析し、その人の持つ良さ、優れている部分をお伝えすることができます。



そうして自己肯定感が高まるのです。その人に対する現状の感想ではなく、事実に基づいたその人の持つ人間性を分析することができます。



そして、ご自身で強み弱みを把握することもでき、相手がどういうことを自分に求め、自分がどのようにそれに答えることができるかということも、考えることができます。



最新記事

すべて表示

人間としての魅力を持っている人は、同性にも異性にも好かれます。 魅力的な人と思われる要素としては、周りに感謝する、相手の良い所を見つける、笑顔が素敵、謙虚、人によって態度を変えない、聞き上手などがあげられます。 周りに感謝ができる人は素敵な人と思われます。 「ありがとう」という言葉を積極的に使うことで、言われた人はもちろん、言った人も幸せな気持ちになることができます。 人間の魅力は、幸せを感じた時

人柄とは、その人に備わっている性質や品格の事を言います。 そして、人柄が良いという言葉には、人間性に優れていて優しいという意味が込められています。 他人の気持ちを理解したり、寄り添ったりする気持ちの温かさがあるため、相手の心を開かせ、共感し合う関係を築きます。 人柄が良い人は、素直で粘り強く、自分がどんな性格かを理解し、他人の気持ちを理解して寄り添う事ができ、信用されるといった特徴があります。 人

結婚相談所を選ぶにあたって幾つかのパターンがあると思います。 1つは、友人知人や会社の同僚などからすすめられた相談所を選ぶ。 もう1つは自分でネットなどで調べる。 また、選ぶタイミングも人それぞれでしょう。 早いタイミングで結婚相談所を積極的に選ぶ。 または、いくつかの婚活サービスを試した後、最後の手段として結婚相談所を選ぶ。 パートナーと出会いたくて、アプリを使ってみたり、友達と一緒に街コンやお