検索
  • INFO WO

年齢差

結婚願望のある男性で、年下の女性を意識する方もおられるかと思います。結婚相談所を介した婚活において、お見合い申し込みする相手に年齢差を求めるケースはよく見られます。



50代の男性の方が20代の女性の方にお申し込みをすることもよくある話です。それは極端としても、同世代より年下の女性にお申込みする傾向はあります。



一方女性については、年上が問題ない人と同年代から下がいいという人に別れます。年上でOKな場合は、お互いの条件が一致しやすいですが、同年代から下となると、相手が限られてしまうことになります。



年下を希望とされる女性の方は、おそらくそれまでの恋愛歴などが影響していると考えられます。それまでのお付き合いしてきた人との相性を考えておられるのでしょう。



ここで意識して頂きたいのは、年齢にそこまでこだわる必要があるのかということです。本当に一緒に過ごしたいと思える相手がいたら、その人の年齢にこだわる必要性はどこまであるかということです。



最初に書いたように、結婚相談所を介した婚活では、年齢差というのが一つのポイントになってきます。



一律に年齢だけで区切ってしまうか、人によっては年齢は関係無いと思えるか、想像を膨らませてみる。それでも年齢にこだわるというのであればそれはそれで仕方が無いと思います。ご自分の納得のいく活動をされるのが良いかと思います。



一方で、結婚相談所での婚活の特性を理解し、相手のトータルな所を考慮し年齢だけにこだわらないという考えで活動すれば、出会いの確率はグッと上がるでしょう。



自分の納得のいく活動が一番重要だと思います。ただ、結婚相談所の特性を理解し、上手に婚活ができればなおいいと思います。





最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す