検索
  • INFO WO

家庭観

恋愛と結婚は異なります。男性は魅力的な女性を求めますが、いざ結婚となると、また違った目線で相手を見るという面があります。



その人がしっかりしているかどうか。お買い物に沢山お金をつかったり、高額なアクセサリー・バッグなどを身に着けていたり。結婚してからもお金を沢山使うのではないか。家計は大丈夫かという心配です。



また、家事はきちんとできるか。ある程度の料理はできるか。もちろん家事を分担するのなら、全てを女性がすることはありません。



もし、子供を授かったとして、育児はきちんとできそうか。協力して育児は行うものですが、安心して育児をやっていけるかどうか。



結婚して一緒に住む中で、そういった点でともに家庭を築いてけるかということがポイントになってきます。



特に結婚相談所を介した婚活では、皆結婚を意識して活動を行いますから、どうしても結婚の条件というものがでてきます。



勿論見た目のケアも大切です。ですが、中身もとても大切だということです。プロフィールでは伝わらない、その人の個性・考え方・価値観に同調できるか、将来共に過ごすイメージが湧くか。



そういった要素も大切だということです。デートに行くときは派手でない装いで、お料理はレシピを見ながらでもきちんと作れるようにして、家事に慣れておく。



自分のマイナス面があればそれカバーして、その上で将来の家庭像をお相手とすり合わせしていくのが良いでしょう。



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す