検索
  • INFO WO

出会い

結婚相談所での異性との出会いは、お互いがお見合いをしたいという意思から始まります。



そのお見合いに向け、万全の態勢で臨んだ方が良いというのは以前からお伝えしていますが、その最初にお会いしたいと思うきっかけとなるは、プロフィールです。プロフィールには、変えられない情報と、そうでない情報があります。



身長、年齢、収入、学歴などは変えられませんが、PR文の内容はその人次第で書き方が工夫できます。また、お写真についても、服装、髪型、お化粧、そしてプロカメラマンの技術ににより、出来映えが変わってきます。



その、変えられることに注意を払うことが、お見合いに進展するカギとなります。



お見合いが組めることにまずありがたみを感じないといけません。そして、お見合いで気を付けるのが視覚情報です。人は視覚情報が最も印象に残りやすいと言われています。その先入観とも言われる情報は、1時間ほどのお見合いではくつがえすことは難しいでしょう。



お見合いとギャップが大きいとマイナスの印象を与える可能性があります。髪型・服装・お化粧などはできるだけお見合い時のイメージを崩さないよう意識する必要があります。そして清潔感があるかどうかも大切です。これらは減点法で評価されますから、落ち度の無いようにしなければいけません。



そしてお見合いではスムーズなコミュニケーションが取れるかどうか。自分のペースを掴むためにも、あらかじめ相手のプロフィールから質問事項をピックアップして、話を広げることです。単に一問一答で終わらず、話を過去・現在・未来に広げて、深堀りして話を引き出します。



そしてよく言われるのが笑顔。普段から笑顔が意識的にできるよう、心がけた方がいいでしょう。具体的にはYouTubeなどで笑顔を作る方法を学ぶといったやり方があります。練習方法は単純な内容です。



以上を心がけるかどうかで、お見合いが成功するかどうかが変わっていきます。お見合いモードを意識して、次の交際につなげましょう。



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す