検索
  • INFO WO

共通点

初めて会った相手との距離を縮めるきっかけの一つとして、好きなものの共通点の存在があります。 趣味が同じであったり、住んでいる地域が同じであったり、好きなことが一致したり。 好きなものの共通点があれば、会話も盛り上がり、親密度も増します。

ただ、好きなものなどの共通点にばかり目が行くと、後から関係性が難しくなる場合もあります。 例えば一緒に生活をするとなると、家事の分担の必要も出てくると思いますが、2人とも料理を作るのが好きという共通点があり、皿洗いはどちらも面倒くさいと思っていたら、炊事がスムーズにいきません。逆に一方は洗い物が好きなら、役割分担が可能です。

また、嫌いなものの共通点というのもポイントになってきます。例えば無駄遣いが嫌いな人と、お金をケチケチするのが嫌いな人とでは、お金の価値観が合いません。休みの日は家を出たくない人と、休みはだらだらするのが嫌な人とでは、休みの使い方が合いません。このようにお金や時間に対する価値感が異なると、共に生活していくにつれ問題なってくることも考えられます。

お互いのこだわりとして、嫌いなことや許せないことがずれていると、それはそれで問題化するでしょう。

また、異なる趣味についてもお互いを尊重すれば問題はなくなってきます。無理に趣味を合わせなくても、逆にお互いの時間の使い方があってそれぞれの趣味を楽しめることもあります。

ですから初めて人と会う時、例えば自分が知らない趣味や好きなことの話題になっても、そのことに興味を持って相手の話を聞くことで、相手を知ることができ、その距離を少しずつ詰めていくことも可能です。共通点を見つけられなかったと嘆くより、相手の相違点を発見でき、色々と相手を知ることができてラッキーと思って、コミュニケーションを図ることも大切でしょう。


最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す