検索
  • INFO WO

仮交際へと

お見合いをした結果、またお会いしたいとなりますと、仮交際へと進みます。



お見合いをして生理的に受け付けない人でなければ仮交際に進んだ方が良いと言われるケースがあります。それは何故かというと、1時間前後のお見合いでは、相手の事を知ったり相性を確認するのが難しいからです。



そこで、デートを重ねていく訳ですが、あまりピンとこないという方もおられます。気持ちが高ぶらないという所でしょうか。特に女性の方が気持ちの盛り上がり方が遅いと言われています。



ですから、女性は自分の気持ちが高まるまで時間がかかると考えて、相手と何度か会ううちに、相性の良さを感じることができるとみなした方が良いでしょう。



仮交際から真剣交際に至るまで、デート回数を8~10回ほど重ねるというのが目安になります。そこまで回数を短期間で重ねることで、相手との相性や人間性、魅力などが見えてくるでしょう。ですから、答えを急がず、相手とじっくり向き合うというのも方法です。



その際、複数交際をするというのも方法です。自分との相性の程度を比較して、絞り込んでいくというやり方もあります。いずれにせよ、短期間ではありますが、急がず、焦らず、見極めていきましょう。


最新記事

すべて表示

「言葉」にしなければ自分の考えは何も伝える事はできません。 「黙っていても以心伝心で伝わるものだ」と思う人もいるかもしれませんが、そこに「分かってもらえて当然」という思い込みがあるかも知れません。 態度で示すという方法もあります。 言葉にする必要の無い事もあるでしょう。 しかし、言葉にする事でしか伝えられない事の方がよっぽど多いのが現実です。 「自分の気持ちを率直に表現する」という意味で自分の意志

人間としての魅力を持っている人は、同性にも異性にも好かれます。 魅力的な人と思われる要素としては、周りに感謝する、相手の良い所を見つける、笑顔が素敵、謙虚、人によって態度を変えない、聞き上手などがあげられます。 周りに感謝ができる人は素敵な人と思われます。 「ありがとう」という言葉を積極的に使うことで、言われた人はもちろん、言った人も幸せな気持ちになることができます。 人間の魅力は、幸せを感じた時

人柄とは、その人に備わっている性質や品格の事を言います。 そして、人柄が良いという言葉には、人間性に優れていて優しいという意味が込められています。 他人の気持ちを理解したり、寄り添ったりする気持ちの温かさがあるため、相手の心を開かせ、共感し合う関係を築きます。 人柄が良い人は、素直で粘り強く、自分がどんな性格かを理解し、他人の気持ちを理解して寄り添う事ができ、信用されるといった特徴があります。 人

結婚相談所WO