検索
  • INFO WO

仮交際

お見合いをした後に、両者がまたお会いしたいとなりますと、交際がスタートします。この交際を仮交際と呼ぶこともあります。



何故、仮交際かと言いますと、複数の人と交際することが可能だからです。複数の人と交際して、誰と相性が良いか選ぶことができます。



これは、自分目線で見れば、何人かの人とお見合いをして、仮交際に進み、自分主導で選べると思うかも知れませんが、実際はそう簡単ではありません。



何故なら、お相手もそれぞれ交際をしている人がいるかも知れないからです。例えば自分の中で本命の人がいて、選ばれる自分になるには、相応の努力が必要です。



まず、短い期間にデートを重ねること。1週間以内というのが基本です。長くても10日以内です。それだけ頻度よくデートするためには、待ちの姿勢ではいけません。



女性といえども、自ら会いたい日をリクエストするなど、積極性が必要です。例えば、行きたい場所があって一緒に行きませんかと提案すれば、あとは候補日をすり合わせるだけ。そこまで難しいことではありません。



そういう時期に気を付けたいのが、メールやLINEのレスポンスです。相手から連絡が来てもなかなか既読をつけなかったり、返信が遅いと、相手もテンポが合わなくてテンションが下がってしまいます。自分の優先順位が低いと思ってしまうのです。



せっかくのチャンスを逃さないためにも、意識しておきたいところです。





最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す