検索
  • INFO WO

結婚年齢

結婚相談所の会員さんがお相手に求める年齢に関しては、男性の場合であれば、年下を希望されるケースがあります。



理由の一つに子供が欲しいというのがあります。ここで私が思うのは、本当に子供が欲しいということを重視して結婚するというのが、望ましいのかということです。



経済的な側面はちょっと置いておいて、まず、お子さんというのは授かりものです。女性への体の負担も大きく、出産適齢期であっても、子供が産めないという状況も十分考えられます。



ご結婚されてもなかなか子供に恵まれず、不妊治療に取り組む方もおられるでしょう。また、不妊の原因は男性にある場合もあります。



そして、もし子供ができたとして、育児というのは簡単ではありませんし、子供が成長していく過程で色々な問題や越えるべき壁が出てくるでしょう。



自分の通っていた学校のクラスメート全員が、素直で優しい生徒でしたか?人に迷惑をかけていませんでしたか?



そういったことがどこまでイメージできるかということです。



そういう点も考え、子供の教育というのも大変なのです。年齢にとらわれず、お相手の個性を尊重して下さい。そういう視点で婚活をされれば、より結婚の可能性は広がるでしょう。



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す