検索
  • INFO WO

第一印象

メラビアンの法則というものがあり、この法則によると、視覚が与える影響は全体の55パーセントになるという数字があります。ただし、これは実際に行った検証の意図とは異なった解釈であると言われています。



では、実際には見た目が与える印象はどれ程なのでしょうか。



例えば仕事や異業種交流の場などで初対面同士が挨拶をする時、表情や声の張り方でその人の仕事に対する自信、情熱が読み取れます。そして名刺に書いている職業に目がいき、どういったお仕事をされているかをお伺いすることになるかと思います。



また、就職活動であれば、面接の際、面接官は履歴書を参考にしながら、その人の人柄、情熱、将来性を読み取るでしょう。



では、お見合いはどうかというと、やはり外見やその人の物腰や表情などが最初の情報として入ってきます。そして実際にお話をして、その人の人となりを知ります。それから第2印象、第3印象でどう相手を理解するかがポイントになってくるかと思います。しかしながらお見合いの時間は1時間程度。その短い時間で相手を知る・相手に知ってもらうために、第一印象に引っ張られない観察力・自己表現力が必要かも知れません。



出会いは一瞬で、その場で全てを理解するのは困難です。ですから、相手に対して興味を持ち、まずは知ろうとする努力、そして自分が感じ取った第一印象に流されないある種の鈍感力も必要かも知れません。



そして、第一印象が与える影響を重視して、身なりや表情、話し方などで好印象を相手に持ってもらえるように意識することが、出会いの場面では求められるでしょう。


最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す