検索
  • INFO WO

真剣交際

仮交際を経て、結婚を前提にお付き合いするとなると、いよいよ真剣交際に入ります。基本的には男性から告白をするのがセオリーですが、決して女性から告白してはいけないということではありません。



ただ、真剣交際間近になると、交際している二人をそれぞれ担当している仲人が、情報交換をし合って、どのタイミングで告白すべきか打合せをすることもあります。



お互いの意思を事前に確認するということです。そして、告白が上手くいけば、真剣交際ということで、他に交際していた人には交際お断りを入れ、1対1のお付き合いになります。



この頃になると、お食事という定番デートだけでなく、色んなところに足を運んだり、逆にちょっとしたところでまったり過ごしたりと、お互いが一緒にいてリラックスできるかどうか体感する時期でもあります。



あまり結婚の話をし過ぎるのもバランスが悪いので、さりげなく公園デートで子供連れの親御さんを見たり、家電量販店に行って、新しい生活のイメージを膨らませるなんていうのもいいでしょう。



焦る必要はありません。本当に自分と相性がいいかじっくり見定めて下さい。それは時間の長さよりも密度です。濃密な時をじっくりと過ごし、分かり合える関係かどうかを体感して下さい。



結婚はゴールではなくスタートです。長い人生をお二人でより良く過ごすために、この真剣交際の期間を大切にして下さい。



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す