検索
  • INFO WO

普通の人

結婚に対する条件として、例えば平均的であるとか、普通の人といった漠然とお相手探しをしている人がおられます。

しかし、婚活においては、普通という基準は高望みであると言われています。条件がどれも及第点ということですから、それ相応のポテンシャルを持った人であると言えます。


もちろん、自分の求めるパートナー像を無理矢理引き下げなければいけない訳ではありませんが、自分から「普通の人」という、「レベルが高い」条件を絞りこんでは、出会いの確率はぐっとへります。



自分の中で相手に求めることのうち、どうしてもというものと、そこまで重要視しないものとに分けてみましょう。そうすれば、より明確なパートナー像が見えてきますし、よりリアルなお相手探しが可能になるでしょう。


表面的な情報だけで相手を絞り込むのではなく、実際に話をして、フィーリングが合うとか、物腰がやわらかで一緒にいて落ち着く雰囲気があるとか、そういう要素はプロフィールだけでは判断ができません。



条件重視の考え方もありますが、少し入り口を広げて面と向かったコミュニケーションを図ってみてはいかがですか。そういう意味で、お見合いに臨む意識を少し変えてみてはどうでしょう。



最新記事

すべて表示

現在、兄の家に住む母のサポートを行っています。兄弟4人で協力し、曜日ごとに兄の家に行く日を決めています。僕の場合であれば毎週水曜日に母の家に行く事になっています。 母の足腰を鍛えるためにシルバーカーを押して20~30分近所を散歩しています。ちょっとした運動ですが、筋力の衰えを抑え鍛える目的で行っています。 昨日母から、近所の百貨店まで歩いて行こうと言われたのですが、現状ではおそらく無理で、もっと足

婚活においては、男女双方のテンションが同じくらいなるのが理想です。 しかし、一般的には男性のテンションは出逢いの段階から高く、一方で女性は様子見をしながら最初はテンションが低いと言われています。 ですから女性から見ると、最初は数回のデートやLINE等のやり取りを重ねていくうちに、相手の事を徐々に知って、親しみを持てる関係に進んで行きます。 一方男性から見ると、出逢いの瞬間から相手への好意を持ってい