検索
  • INFO WO

巧遅拙速

何事かについて考え抜いて万全になってから動く事は、準備が未完成でも早く動くとい事に劣るという格言。

色んな人が、行動することが大切だと言っている。ただ、早く行動するという事を推奨している人は意外と少ない。

まず、行動。そしてスピード感を持って動く。このスピード感は周りにインパクトを与える。やると決めたらさっさと動くべきである。

アイデアが浮かんで、自分の考え得る範囲で内容が固まったら、後は走りながら考える。時間を有効に使う。

失敗は確かに怖いが、そこから学びが得られることも多い。そう考えると、失敗は成果とも言える。

偉人達も失敗を推奨している。勿論回避できる事は回避して、チャレンジする気持ちは常に持っておく。

簡単なことではないが、このチャレンジャー精神があるかないかできっと結果はが変わってくる。

早く積極的に前に進む。前進しているという感覚が、やりがいであり成果へと繋がっていく。



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す