検索
  • INFO WO

家事分担

結婚相談所における婚活の場面で、一つのテーマとなるのが家事分担です。女性も結婚後仕事を続けていくケースも多いと思いますが、そうなってくると家事をどうするかという話に当然なるでしょう。



家事全般が苦手な男性もおられるかと思いますが、これははっきり言って気合で何とかなります。掃除洗濯炊事が邪魔くさいと思ったとき、その時こそが人間の成長のチャンスなのです。何とか気合で頑張ることで、自己成長へとつながる習慣が身についてくるのです。後回しではなく、今やる、すぐやるです。



PR文の内容や実際面と向かったとき、家事分担に対し中途半端な発言は良くありません。家事は手伝うというということを女性に伝えると、上から目線でものを言っていると捉えられかねません。そういう場合は思い切って家事分担するとか、コロナを期に下手くそなりに自炊を始めたなどアピールする方がよっぽどマシです。



勿論男性に家事を求めていない人もいるでしょう。ただし、家事や育児をお互い協力して行うのが、現代の理想形ではないでしょうか。



もちろん、仕事が多忙で残業続きで疲労困憊であれば、通常時に家事をこなすのは難しいでしょう。休みの日は休みの日で体力回復に努めるため、何もやる気が起きないという方もおられるかもしれません。ですから家事をしなければダメとは言いません。そういう多忙な日々でも、協力していく意思があることを示すことが大切なのです。



さあ、まずはネットでレシピを調べて、手料理をトライしてみましょう。



最新記事

すべて表示

現在、兄の家に住む母のサポートを行っています。兄弟4人で協力し、曜日ごとに兄の家に行く日を決めています。僕の場合であれば毎週水曜日に母の家に行く事になっています。 母の足腰を鍛えるためにシルバーカーを押して20~30分近所を散歩しています。ちょっとした運動ですが、筋力の衰えを抑え鍛える目的で行っています。 昨日母から、近所の百貨店まで歩いて行こうと言われたのですが、現状ではおそらく無理で、もっと足

婚活においては、男女双方のテンションが同じくらいなるのが理想です。 しかし、一般的には男性のテンションは出逢いの段階から高く、一方で女性は様子見をしながら最初はテンションが低いと言われています。 ですから女性から見ると、最初は数回のデートやLINE等のやり取りを重ねていくうちに、相手の事を徐々に知って、親しみを持てる関係に進んで行きます。 一方男性から見ると、出逢いの瞬間から相手への好意を持ってい