検索
  • INFO WO

家事分担

これは結婚相談所の婚活に限りませんが、プロフィールを書くことがあれば、男性であればこのことを書いたほうがより良いという内容があります。それは、家事育児を分担します、です。



手伝う、より、分担する、の方が表現としては良いでしょう。もちろん、全員が全員そのように書く必要はないのですが、プロフィールで周りと差をつけたいですとか、どこか相手にメリットを感じて欲しいと思うなら、思い切って書くべきだと思います。



実際は家事全般ができなくても、自分が一人暮らしをしていたら、掃除・洗濯はルーチンでしょうし、自炊についても、このご時世なので、家にいることも多いでしょうから、ちょっとした料理から始めるというのはいいのではないでしょうか。



お相手と直接話をする時も、自分は料理は得意ではないが、レシピを見ながら最近は料理を作っていると伝えるだけでアピールポイントになるでしょう。



勿論これらのことは、実際に取り組んでいてこそ書ける内容であり、家事も育児もする気が無い人が書くべきではありません。どれが正しいというのではなく、どこに自分のアピールポイントをもってくるかということです。



もし料理をするなら、得意な料理をいくつか持っているなど、料理エピソードがあれば、話をする時の話題にもなるでしょう。そういう点でも、料理をするということは武器になります。レシピを見ながら、この時期、ちょっとずつ料理をするのも良いのではないでしょうか。







最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す