検索
  • INFO WO

婚活疲れ

婚活を進めていくうちに、思ったようにいかなかったり、自分の中で描いた理想の相手と巡り合えず、気分が滅入る人がいます。



特にお見合いの段階でそのように感じる人がおられます。思いつめて自分を追い詰めて、マイナス思考に陥ってしまう人がいます。



マイナス思考にはまってしまって、それが相手に伝わってしまったら、相手の気持ちも高まらず、さらに悪循環になるかもしれません。



そういった場合、二つ方法があると思います。一つは自分磨き。ファッションやメイク、ダイエットなども含まれるでしょう。気分転換に休日に映画を見たり読書をしたり、好きなことをしてリフレッシュするのもいいでしょう。



そしてもう一つは、もっとお見合いを申し込んで沢山の人と会うことです。開き直って自分は将来のパートナーとたまたま巡り会えていないだけと認識することです。



そして一つ一つの出会いを大切にすることです。お見合いでお付き合いが難しいと感じた人にも、愛想よく楽しく会話することを心がけましょう。その積み重ねが、良い出会いへとつながっていきます。



開き直りと積極的な出会いを求める。そしてリフレッシュを図る。一人マイナス思考に陥らないよう、仲人さんともコミュニケーションをしっかり取りましょう。



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す