検索
  • INFO WO

初デート

初デートでは、気を付けたい事がいくつかあります。まずは定番としてはランチに行くことをおススメします。ランチならある程度の時間(1~1時間半)でさくっと終わる事ができます。



やはり最初のデートはお互い気を張ったり緊張したりもしますから、だらだらと過ごすよりは良いかと思います。



男性であれば、場所選びについては、ランチをしている店をネットで探すも良し、仲人に相談するもよし。また、費用も夕食より低く済みますから、男性が多めに出す(orご馳走する)にしろ、負担は少なく済むでしょう。



女性はお会計の時、奢られて当然という態度を出してはいけません。財布を出す仕草は大切です。その動き一つで男性に査定されてしまいます。また、ご馳走になった時、デート後にお礼メールを必ず入れましょう。



また、お見合いからデートは1週間以内に会うのが良いでしょう。そうでないと、お見合いの会話や仕草・雰囲気などを忘れてしまうからです。ただし、お見合いでの会話については、お見合い後にノートなどに書き記す事をおススメしています。



食事デートは、食事や飲み物が重要なのではなく、あくまで会話が大切です。もちろん美味しい食べ物であればそれをネタに会話も広がります。トータルで良い会話ができればデートは成功です。



では、どうやって成功させるか。まずは質問です。これはお見合いの項でも言いましたが、相手に気持ち良く話して貰うのと、情報を入手し更にその話題を広げることができます。



この時、お見合いでした質問の答えを引用し、さらに話を展開させることも一つの方法です。



また、相手はあなたの事を知りたいと思っているはずです。しかしながら良いタイミングで質問がなければ、なかなか自分のことを話しにくいですよね。そういう時は自分で自分のことを話します(自己開示)。



話過ぎるのは良くありませんが、逆に全然話さないのもバランスが悪いです。自分はこんな人だと軽く伝えましょう。すぐにリアクションが無くても、のちのち効いてきますから、無駄ではありません。



共通点が見つかれば盛り上がりますし、相違点があれば教えてもらうという姿勢であれば、いずれにせよ会話は進みます。相手に興味を持って、相手の事を知りたいと思う姿勢が大切なのです。



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す