検索
  • INFO WO

お見合い②

お見合いではいくつかのNG事項があります。この点は注意しておきたいところです。

まず、お相手の婚活状況を聞くこと。これまでどのような婚活をしてきたか、お見合い人数や交際人数は何人か、何故婚活をしているのかなど。



次にプライバシーに踏み込む内容。フルネームを聞く、名刺の受け渡しを行う、最寄り駅を聞くなど。お見合い段階ではフルネームは公開しません。また、住んでいる地域を聞いて共通点を見つけたくなりますが、お見合いでは相手を特定するような内容は基本的にはNGです。



子供は何人欲しいかというデリカシーの無い質問もいけません。また、自分の話ばかりしたり、自慢話は気を付けましょう。自己開示は良いことですが、だらだら話をしていては、聞いている方が苦痛になります。会話はキャッチボールです。話の流れを大切にして下さい。



プロフィールを見ながらのお見合いはNGです。相手に対して失礼にあたります。プロフィール内容は事前に頭に入れ、事前に質問内容は3つくらい考えておきましょう。



お茶代に関しては、男性が出すのが通例です。また、女性は奢ってもらって当然という態度を取らない事。きちんとお礼を言いましょう。



また、場に合った服装に気を付け、身なりを整えましょう。容姿・セクハラ発言はNGです。関係性もできていないのにいきなり見た目を褒めたりするのはデリカシーがありません。



お見合い相手は色んな方がおらると思いますが、お見合いは自分が申し込んだもしくはお申込みをOKして成立するわけですから、どんなお相手にも礼を尽くし、出会いに感謝し、誠実な態度を取りましょう。



全ての出会いを無駄にせず、相手を楽しませて、悪い所を探すのではなく、良いとこ探しをしましょう。そういう give の精神は大切です。





最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す