検索
  • INFO WO

20代の婚活

IBJの会員様の中で20代女性が占める割合は10%程度です。当相談所では20代からの婚活を推奨しています。その理由は競争率が激しくないからです。もちろん30代以上の方々の婚活もしっかりとサポートさせて頂いています。相談所としての受け幅が広いととらえて頂けたらと思います。



今回は20代の女性の方に焦点を絞ったお話をさせて頂きます。冒頭にも書きましたように、20代の女性は少ないという点もあり、男性からのお見合いお申込みは多い傾向があります。勿論個人差がありますが、同じ方がもう少し後からご入会されるのと比べると差が出てくるとお考え下さい。



では、若ければ若いほうがいいのかというと、そうでもないのです。というのも、同世代の男性会員様、つまり20代の方の人数が少なく、全体の3%ほどになります。当然好条件の男性からのお申込みも見込めるのですが、仮に同年代の方とのお見合いを希望するとなると、少し難しい婚活になるかも知れません。

ですので、自分の相手に求める年齢の条件も明確にした上で、結婚相談所に入会するかどうか選択することをお勧めします。

このように、婚活というのは何となく始めるよりは、正確かつ明確に自分の将来のビジョンをイメージし、それに見合った婚活サービスを利用する必要があるのです。それがどのようなものかという点については、当相談所の無料面談があります。

この面談では、相談所を含めた婚活全般についてお話させて頂きます。その上でどの婚活に取り組むかを判断頂けます。その上で結婚相談所で婚活に取り組む場合は、ご一緒に活動させて頂きますし、他の婚活を選択されればそれはそれで問題ありません。

そういった要素を含め、無料面談を行っています。気になる方は一度ご連絡頂けたらと思います。客観的な情報をご提供いたします。




最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す