検索
  • INFO WO

魅力的なプロフィールの書き方(男性編)

まず、今の仕事に務めているとしたら、単に勤務して○○という仕事を任されているだけでなく、新卒で〇〇年勤めているとか、転職をして今の仕事についているなら、キャリアップを目指して現在の仕事で収入面でも任される仕事もステップアップしました、のような表現の方が、説得力やすごさというのが伝わります。

将来に対するビジョンや目指す資格・キャリアがあれば、それも表現したいところです。

趣味や好きな事を書く場合、単に羅列するのではなく、テニスを〇〇年続けているとか、登山で○○メートルまで登った事があるとか、御朱印帖は幾つ押したとか、数字で表現してこの人は凄いと思ってもらうという方法があります。

しかしながら、ただ単に回数を重ねているというアピールであれば、読み取る側は、あまりに入れ込んだ趣味でついていけないと思われるかも知れません。ですから、補足の説明が必要です。色々スポーツも経験したいとか、休みにハイキングなども好きですとか、お寺を一緒に行って楽しみたいと思いますといったように、現実可能な楽しい未来を示す必要があります。

また、上記のようにアクティブな趣味ばかりだと、インドアの人にとってはギャップに感じてしまいますので、インドアの人も興味をそそるような内容も付け足したいところです。要は外も内も大丈夫ですというワクワク感と安心感が必要という事です。

あとは、自分で書くと自慢になったり表現が難しい部分は、仲人の推薦欄に書いてもらうと良いです。要は自分の特徴を自分が書くか仲人が書くかの違いです。

また、女性目線での内容を書くというのも方法です。例えば年上女性と結婚できるとか、自分も育休取得予定、県外の場合出向きますなど、ひとひねり・ちょっとした工夫でお見合い成立数が増えることがあります。

これ以外にも幾つも方法があるかと思います。仲人のアドバイスをもらいながら、魅力的なプロフィールが出来ればと思います。





最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す