検索
  • INFO WO

隙のあるPR文

結婚相談所で活動する際、最初にプロフィールを書きます。よく、男性なら年収、女性なら年齢が最初にチェックされると言いますが、そこにあるのは表面的な情報。実際お見合いになったときに、年収や年齢を深堀りするなんてことはありません。



では、お見合いの場で何で会話をつなぐかというと、プロフィールの自己PR文です。お見合いのマナーとして、相手の趣味などはチェックしておくべきです。お見合いの場で、「ご趣味は?」と聞くのは、プロフィールを見ていない証拠です。



ということで、PR文をもとに質問などして会話が進むわけですが、ここには「隙」というものが必要なのです。



例えば、プロ野球の巨人ファンだったとします。そこで、PR文に巨人ファンと書くと、どうなるでしょうか。巨人に興味が無い人は質問してきませんよね?



一方で、スポーツ観戦が好きという表現であれば、相手も質問しやすいでしょう。また、スポーツ観戦なら女性も好きな人はいるかも知れません。もし向こうがサッカー好きで、あなたも代表戦なら見ているということであれば、話も合うでしょう。



例えばバス釣りが好きと言う趣味があったら、アウトドアが好きと言う表現にして、釣りはもちろんだけど他のアウトドアも興味はあるという表現にした方が会話も進みやすいでしょう。



全ての答えをPR文に書くのではなく、受け口を広く取っておく、「隙」を見せることで話は広がりやすくなるでしょう。



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す