検索
  • INFO WO

選ばれる自分になるために(女性編)

全てが全てそうではないのですが、お相手とコミュニケーションを取る際に気を付けておきたいことを書き記しておきます。



①一方的に話し過ぎないこと。

 女性のほうがコミュニケーション能力が高いため、どうしても沢山話をしてしまいます。しかし、お相手を置き去りにして一方的に話すのはよくありません。話の途中で、お相手の意見を聞くなどするのが良いでしょう。



②質問をする

 一方的に話をしないよう、お相手に質問をするようにしましょう。そして、一問一答形式で質問を終えるのではなく、一つのテーマに対して色々な質問を投げかけ、深堀りして話を膨らませましょう。



③聞き上手の相手には素直に話をする

 一方的に話をし過ぎないことと①に書きましたが、質問上手の男性も中にはおられます。その場合、相手があなたに興味があると捉えて、質問に素直に答えて問題はありません。ただし、バランスよく相手にも話してもらえるよう、こちらからも質問を投げかけましょう。



➃お見合いで交際希望をもらえるように

 これは何度かブログで書いていますが、お相手によって態度を変えたり、気分次第でお見合いに対する姿勢を変えたりしてはいけません。自分が気になった相手でも、そうでない場合でも、変わらぬ態度で接して下さい。そうしてどんなお相手でも交際OKをもらえるように心がけていれば、いざ本命となり得る人からもOKをもらえる確率は上がるでしょう。



以上、選ばれるための対策の全てではありませんが、参考にして頂ければと思います。



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す