検索
  • INFO WO

過度な期待

今ある幸せに気づかない事があります。家族が健全な事、健康でいられること、経済的に安定している事。どれも当たり前と考えている人がいますが、それぞれが尊いものだと、自覚ができているでしょうか。



人間は、忘れる生き物です。そして鈍感な生き物とも言えるでしょう。だから、日常の幸せを自覚できないのも仕方のない事かも知れません。それが決して悪いことではありませんが、今ある状況が恵まれていると気付けるかどうかで、その人の幸せの感受性が変わってきます。



一方で、実際に


それらを失っている人もいるでしょう。自分が不幸と感じるかどうかは別としても、満たされないと感じていれば、現実と折り合いをつけて前向きに物事を捉え進んでいくことでしょう。



その、現在あることの幸せを噛みしめ、ありがたいと感じることは、婚活においてもプラスに働きます。



人と出逢えることの喜び。将来の希望。婚活をできる環境にいることのありがたさ。どれも前向きなプラスのイメージです。自分の生活がどのような状況かについても勿論意識はするでしょうが、今あることに感謝できる人は、婚活でも上手くいきます。



そして、その幸せを思って、笑顔になればきっとその魅力が発揮されます。失うものはありません。日頃に感謝をして、幸せを強く願い、前に進んで行きましょう。


最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す