検索
  • INFO WO

趣味について

ご趣味は、と聞かれると、なかなかいい答えが出ないというケースがあります。日頃忙しく、自分の時間が無い、休日は体を休めてゆっくり過ごす、なんて人もおられます。



PR文に書くには趣味が無いという場合は、好きなこと・好きなものを書くのが良いでしょう。趣味とはいかなくても好きなものであれば書けるという内容も多いはず。



前回ブログで書いたように、あまり詳細に書きすぎると相手も質問ができなくなることもあるので、入り口は広く取っておいた方がいいでしょう。



逆に自分が尋ねるときも、PR文に趣味のことが書いてあればそれについて質問すればいいですし、あまり話が盛り上がらなければ、好きなこととか、マイブームは何ですかなど、相手が反応しやすい言葉で聞いてみるのもいいでしょう。



また、仕事についての話を聞いてみるのも良いかも知れません。わからない仕事の話は聞いていてもピンとこないこともありますが、相手が気持ちよく話せる得意分野なのは確かです。相手が気持ちよく話せて満足感を感じてもらうには良い方法でしょう。ただし、延々と話されると聞いている方も疲れるので、加減が必要です。



あと、好きな食べ物→好きなお店という流れは使えます。好きな食べ物を聞いて、それは自分で作るのかそれともお店で食べるのかを聞き、作るなら料理の話になりますし、食べるならどこがおススメですかと聞き出すこともできます。料理をするなら、どんな料理が得意か、レパートリーはあるかなど話は広がりやすいしょう。



そしてしっかり相槌を打って、相手に気持ち良く話してもらい、相手を知るということがファーストコンタクトでは重要になってきます。



最新記事

すべて表示

現在、兄の家に住む母のサポートを行っています。兄弟4人で協力し、曜日ごとに兄の家に行く日を決めています。僕の場合であれば毎週水曜日に母の家に行く事になっています。 母の足腰を鍛えるためにシルバーカーを押して20~30分近所を散歩しています。ちょっとした運動ですが、筋力の衰えを抑え鍛える目的で行っています。 昨日母から、近所の百貨店まで歩いて行こうと言われたのですが、現状ではおそらく無理で、もっと足

婚活においては、男女双方のテンションが同じくらいなるのが理想です。 しかし、一般的には男性のテンションは出逢いの段階から高く、一方で女性は様子見をしながら最初はテンションが低いと言われています。 ですから女性から見ると、最初は数回のデートやLINE等のやり取りを重ねていくうちに、相手の事を徐々に知って、親しみを持てる関係に進んで行きます。 一方男性から見ると、出逢いの瞬間から相手への好意を持ってい