検索
  • INFO WO

話してもらう

相手に気持ちよく話してもらう。一方的に話し続ける人は別ですが、コミュニケーションを図る時に、相手に気持ち良く話してもらうというのは一つの手段です。



では、どうするか。まずは聞く。そしてリアクションを取る。そして、質問を投げかける。人は自分が語ろうとするとき、とても気持ちが高まります。特に、相手に何かを教えようとするときは、言葉一つ一つを大切にし、理解してもらえるよう言葉選びをし、会話に集中します。



そうやって会話に集中することで、自分が人にモノを教えているという達成感のようなものを得られるのです。そこで効果的なのが、質問、特に言い換え(オオム返し)です。それってこういうこと?と聞き返すことで、相手はちゃんと話を聞いてもらえていると安心します。



そして、相手に何かを伝えようという気持ちが更に高まり、満足感が得られるのです。その時にリアクションを取れば更に好印象を与えられ、興味を引けたと思ってもらえるでしょう。



コミュニケーションの基本は聞く+質問です。変な沈黙にならないように、簡単な質問は用意しておいてもいいと思います。質問も、単に一問一答になると会話がしんどいので、深く掘り下げる練習をしておいた方がいいかもしれません。



誰かと話すときに、これまで知らなかった情報を聞き出すときに、深堀りの質問(現在→過去→未来)をしてみるのもいいでしょう。



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す