検索
  • INFO WO

自分自身について

自分を知るというツールとして、自分史というものがあります。これは、自分が幼少の頃から現在まで、どのような出来事があって、それに対してどのように感じたかということを書き上げるものです。



全ての項目を埋めるのではなく、何か主な出来事があれば書き記します。例えば、クラブに入ったとか、レギュラーに選ばれたとか、生徒会に立候補したとか。そしてその時どのように心が動いたか。



私達はその自分史を二つのことのために使用しています。一つはプロフィール作成の時の参考資料として。もう一つは自己肯定感を高める材料として。



プロフィールの作成については、基本的に本人が書くものですが、本人が意識していない幼少からの考え方、物事に対する捉え方をカウンセラーが客観的に分析して、プロフィールに書き加える。その人の人となりを見極めてPR文を充実させます。



そして自己肯定感に関して。婚活をしている方で、自己肯定感が低い人は多く見受けられるようです。そういった場合に、自分史を見ることで、その人の良さというのが良くわかります。



そして、そこで重要になっていくるのが、長所と短所。会員さんのどこが長所でどこか短所かというのが、本人の口から出てくること以外に、自分史を見ることでわかってくるのです。そして、短所はひっくり返せば長所になるのです。



一番問題なのは長所も短所もわからないでPR文を作成してしまう状況です。自分史から読み取れる、その人の強み。それを認識することが、自己肯定感を高めることにつながります。


最新記事

すべて表示

人間としての魅力を持っている人は、同性にも異性にも好かれます。 魅力的な人と思われる要素としては、周りに感謝する、相手の良い所を見つける、笑顔が素敵、謙虚、人によって態度を変えない、聞き上手などがあげられます。 周りに感謝ができる人は素敵な人と思われます。 「ありがとう」という言葉を積極的に使うことで、言われた人はもちろん、言った人も幸せな気持ちになることができます。 人間の魅力は、幸せを感じた時

人柄とは、その人に備わっている性質や品格の事を言います。 そして、人柄が良いという言葉には、人間性に優れていて優しいという意味が込められています。 他人の気持ちを理解したり、寄り添ったりする気持ちの温かさがあるため、相手の心を開かせ、共感し合う関係を築きます。 人柄が良い人は、素直で粘り強く、自分がどんな性格かを理解し、他人の気持ちを理解して寄り添う事ができ、信用されるといった特徴があります。 人

結婚相談所を選ぶにあたって幾つかのパターンがあると思います。 1つは、友人知人や会社の同僚などからすすめられた相談所を選ぶ。 もう1つは自分でネットなどで調べる。 また、選ぶタイミングも人それぞれでしょう。 早いタイミングで結婚相談所を積極的に選ぶ。 または、いくつかの婚活サービスを試した後、最後の手段として結婚相談所を選ぶ。 パートナーと出会いたくて、アプリを使ってみたり、友達と一緒に街コンやお