検索
  • INFO WO

自分を磨く

良きパートナーと出逢うために、努力をする人としない人では当然ながら差が出てきます。例えば男性であれば、清潔感が大事だと言います。そのために、新しい服を新調したり、髪型を整えるために工夫をしたり、ひげ鼻毛などのチェックをする習慣を身に着けたり、靴を磨いたり。今まで自分としては気に留めていなかったことが、実は自分をマイナス査定にしてしまうということがあります。



また、実際にお見合いをする時に、会話の中身についても、工夫が必要です。人の話をあまり聞かなかったり、仕事の話や自慢話ばかりで一方的に話す人は好かれません。



勿論仕事の話や自分の良いことを話すこと自体は悪くないですが、長々と話すのはよくありません。また、謙虚な姿勢というのも必要です。



相手に興味を持ってまずは話を引き出すということが必要です。そういう会話の流れも、意識しなければ改善はしません。



そして、交際が始まった時、お食事代をいきなり割り勘にするとか、食べ方が雑だとか、いきなりラフな格好で現れたりなどしていないか。そういう事も意識しなければいけません。



第一印象というのは、あとあとまで残るものです。ですからお見合いなど、初めて会った時の印象は大切ですし、その時にマイナス査定になるような外見にならないように気を付けて、笑顔で話すように気を付けたいところです。そして、初デートの時の第二印象も良くするよう、振る舞いも気を付けましょう。





最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す