検索
  • INFO WO

自分を変えることで婚活を進める(女性編)

なかなかいい人と出逢えない、お見合いや交際をしても続かない時、相手に求めるばかりでは現状を変える事は難しいかも知れません。そういった時、自分を変える事ができれば、新しい展開が生まれるかも知れません。



例えばお見合いをもっと組みたいのであれば、条件を変える方法があります。高身長にこだわる必要はあるのか。収入を単にお相手だけの年収で見ずに、世帯年収として見られないか。学歴を重視していないか。年齢差を限定し過ぎていないか。他にも体型(体重)や家族構成などもこだわりを捨てられないか。



そういった条件を見直すだけで、出逢いの場は広がります。



実際に会ってみた時、相手の食事マナーや清潔感、身だしなみや優柔不断さ、会話が続かないなど、そういった一面を見てげんなりする方もおられるでしょう。



その心理は当然働くと思いますが、全て完璧に兼ね備えている人は限定されるかもしれません。そういった時、自分の見る目を変える事もひとつの手段でな無いでしょうか。



相手は完璧でないと理解し、どうしても許せないと思えること以外は、多少目をつぶる。そして男性を自分の手で成長させるという発想に切り変えることができれば、違う気持ちで接することができるのではないでしょうか。



もちろん気持ちやモチベーションの問題ですから、なかなか切り替える事は難しいかも知れません。しかしながらまずはマイナス査定から、プラス査定を積み上げてその人の良さを知り、マイナスの目線を改善できれば、婚活の内容も変わってくるでしょう。



最新記事

すべて表示

「言葉」にしなければ自分の考えは何も伝える事はできません。 「黙っていても以心伝心で伝わるものだ」と思う人もいるかもしれませんが、そこに「分かってもらえて当然」という思い込みがあるかも知れません。 態度で示すという方法もあります。 言葉にする必要の無い事もあるでしょう。 しかし、言葉にする事でしか伝えられない事の方がよっぽど多いのが現実です。 「自分の気持ちを率直に表現する」という意味で自分の意志

人間としての魅力を持っている人は、同性にも異性にも好かれます。 魅力的な人と思われる要素としては、周りに感謝する、相手の良い所を見つける、笑顔が素敵、謙虚、人によって態度を変えない、聞き上手などがあげられます。 周りに感謝ができる人は素敵な人と思われます。 「ありがとう」という言葉を積極的に使うことで、言われた人はもちろん、言った人も幸せな気持ちになることができます。 人間の魅力は、幸せを感じた時

人柄とは、その人に備わっている性質や品格の事を言います。 そして、人柄が良いという言葉には、人間性に優れていて優しいという意味が込められています。 他人の気持ちを理解したり、寄り添ったりする気持ちの温かさがあるため、相手の心を開かせ、共感し合う関係を築きます。 人柄が良い人は、素直で粘り強く、自分がどんな性格かを理解し、他人の気持ちを理解して寄り添う事ができ、信用されるといった特徴があります。 人

結婚相談所WO