検索
  • INFO WO

自分を変えることで婚活を進める(女性編)

なかなかいい人と出逢えない、お見合いや交際をしても続かない時、相手に求めるばかりでは現状を変える事は難しいかも知れません。そういった時、自分を変える事ができれば、新しい展開が生まれるかも知れません。



例えばお見合いをもっと組みたいのであれば、条件を変える方法があります。高身長にこだわる必要はあるのか。収入を単にお相手だけの年収で見ずに、世帯年収として見られないか。学歴を重視していないか。年齢差を限定し過ぎていないか。他にも体型(体重)や家族構成などもこだわりを捨てられないか。



そういった条件を見直すだけで、出逢いの場は広がります。



実際に会ってみた時、相手の食事マナーや清潔感、身だしなみや優柔不断さ、会話が続かないなど、そういった一面を見てげんなりする方もおられるでしょう。



その心理は当然働くと思いますが、全て完璧に兼ね備えている人は限定されるかもしれません。そういった時、自分の見る目を変える事もひとつの手段でな無いでしょうか。



相手は完璧でないと理解し、どうしても許せないと思えること以外は、多少目をつぶる。そして男性を自分の手で成長させるという発想に切り変えることができれば、違う気持ちで接することができるのではないでしょうか。



もちろん気持ちやモチベーションの問題ですから、なかなか切り替える事は難しいかも知れません。しかしながらまずはマイナス査定から、プラス査定を積み上げてその人の良さを知り、マイナスの目線を改善できれば、婚活の内容も変わってくるでしょう。



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す