検索
  • INFO WO

自分を売り込む

婚活は自分というものを売り込む、ある種の営業のようなものです。一方的に売りつけてはいけません。



単純接触効果という心理的法則があり、人と会う機会を重ねると親密度が上がるというものがあります。



しかし、どちらでもない普通の関係であれば、少々時間がかかります。



結婚相談所を通した婚活であれば、最初の接触はお見合いです。その際、好印象を持ってもらい、次の交際に進めば、2回・3回と会える回数が増え、単純接触効果が効いてきます。



ですから、自分を売り込むのはまずは接触回数ではなく、その初対面でのやり取りが当然ながら重要です。例え魅力的なプロフィールでも、実際に会って魅力が半減なんてことはよくある話です。



第一印象でその人となりを判断されてしまいます。まずはそこを無難にこなすことです。服装・髪型・匂いなどなど。マイナス査定をできるだけくいとめ、笑顔でプラス査定。



笑顔溢れるCAさんも、笑顔の練習は欠かしません。緊張してぎこちなくなってしまうかも知れませんが、それでもむっつりしているよりよっぽど良いです。



そして、お相手の話をしっかり聞く。そして双方向のコミュニケーションを取る。女性の方がコミュニケーション能力が高いので、どうしても多く話してしまうでしょうが、7:3、もしくは6:4で話す感じで、会話をしましょう。



ついつい話が進んで楽しくなることもあると思いますが、そこはお見合いの場ですから、お互いのことを知るための時間と考え、相手を知り、自分を知ってもらい、お互い好感が持てれば、次につながる=商談成立となるでしょう。


最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す