検索
  • INFO WO

自分を冷静に見る

素敵な出会いがない、自分の満足できる相手がいない嘆いておられる方もいるでしょう。それは、相手にだけ目線を向けていて、自分を見つめれていないからかも知れません。



理想はいくらでも高めることができます。ですが、自分を高めることができているでしょうか。自分が今どんな立ち位置にいるか、どんな状態なのか、客観視ができているか。



例えば自分の良い所・悪い所を書き出してみる。悪いところはそれを改善できるならば改善し、良い所は強みとして更に高める。そういう自分を向き合う作業が必要かも知れません。



全てを完璧にする必要はありません。自分を知るということがまずは必要なのです。そして自分の良さと改善点を見直して改めて周りに目を向けてください。あなたの理想は今までと同じですか?



求めてばかりではいけません。あなたが相手とお付き合いすれば何を相手に与えられるか。

相手がメリットと感じられるか。そういう与えるという精神も必要でしょう。



そして、相手に求める条件も整理し、本当に求めることは何なのか、問い直すことです。そうすることで、今までは意識していなかった相手が、実は自分にとって魅力を感じる人だという気づきがあるかも知れません。


最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す