検索
  • INFO WO

自分の婚活のやり方は正しいのか

婚活をしていく上で、YouTubeやブログ、ネット記事など参考になる事は沢山あるでしょう。そこから得たヒントを基に取り組む事が、良い結果につながる事もあると思います。



しかし、得られた情報だけが全てとは限りません。もちろん、成婚に向けた道しるべとなるものもあるでしょう。その中には一般的に考えられる話や、逆に特殊な話もあるでしょう。



情報の中から、婚活の基本的な事をまず押さえて、それから自分がしている活動に参考となるものを探す。



ただ、それらを参考にしてもなかなか思う様に進まない時、自分の婚活に対する考え方にそもそも無理やズレがあるのではないかと見つめ直す必要があるかも知れません。



過去の成功体験や本で得た知識などで、「きっとこうだ」「こうすればよい」といった思い込みや先入観はありませんか。



また、過去の経験ばかりに目を向け、自分の行動を振り返るばかりではなく、これからどうしていくべきか?と視線を未来に向けられているでしょうか。



婚活は多種多様です。自分ができる事はベストを尽くすべきでしょう。例えば清潔感を意識するだとか、身なりをきちっとするとか。



しかし、婚活は相手あっての事ですから、全てをパターン化するのは難しいでしょう。誰が相手でも同じ行動を取って受け入れられるとは考えにくいです。その人その人の求めるものや価値観があり、それに対応する必要があります。



自分のお相手はどんな人なのか知るために、しっかりとコミュニケーションを取る事が大事です。

最新記事

すべて表示

婚活には幾つかの手段が存在していますが、最大のメリットはパートナーになりたいと思える人と会える可能性があるという事です。 つまりは出会いの場。 日常生活では、異性と出逢える可能性が低いと言う方は沢山おられるでしょう。 自然の出会いを理想としても、出会える環境にない人。 新しい友達すら作るのが難しいのに、将来のパートナーと出逢うのは至難の業と考える人。 普段とは違う行動を取らなければ、何も変わらない

自分の理想とする結婚相手はどんな人か。人によって様々ですが、尊敬できる人がいいと思われている方もおられます。そのイメージ自体は問題ないのですが、どの部分で尊敬できるかどうかを判断するかが問題になってきます。 尊敬とは、自分よりも優れた一面を持つ方に抱く感情であると考えられます。 では、何について比較するのか。プロフィールであれば、どのポイントになるでしょうか。身長?学歴?年収?職業?他にも色々とあ

お見合いをして、またお会いしたいとなったら交際希望をお相手相談所に伝えます。そしてお相手も交際希望であれば、交際が成立します。 お互いの連絡先をそこで初めて確認し、男性から女性に最初の連絡を入れます。そして、初めてのデート。最初はあまり長時間にならない程度にランチもしくは夕食。 お食事場所は男性がリードするケースが多いですが、女性の行きたいところ・食べたいものも聞き出して、選択。 いよいよ二度目の