検索
  • INFO WO

自分の事だけ話過ぎない事

どの場面でも言えますが、自分の事ばかり沢山話してしまうと、相手は聞いてばかりでしんどくなってしまいます。



特に女性はコミュニケーション能力に優れているため、自分の持っている情報を相手に伝えようとします。一方男性は聞き役にまわり、うなずくだけ。これでは一方的に話していて双方向での会話とは言えません。

男性ももちろん話をしたいのですが、男性の場合も人によっては自分の仕事や頑張っている事を一方的に話す人もいます。そうなると今度は聞いている女性の方がしんどくなりますよね。

つまりはどういう事かというと、会話のバランスが必要という事です。

相手の会話に上手にあいづちを入れた上で会話に自分も入っていくのは結構レベルの高い事です。最初のコミュニケーション、例えばお見合いなどでは相手の話をある程度は受け入れて、気持ちよく話して貰うのもやり方です。

しかしながら相手が一方的に話をするだけでこちらに質問をしてこないようでしたら、興味があるのか疑問に思う人もいるでしょう。相手の一方的な話に耐えられないという人は、その後の交際への発展も難しいでしょう。

自分が相手に興味を持つ。質問をしてみる。そして自分の事も話す。会話が成立するかどうか、その時のやり取りが自分として受け入れらるかどうか。最初のコミュニケーションでは判断が難しいかも知れません。その場合、仮交際へ進ませてみるのも手段です。

仮交際は異性の友達から始めるくらいの発想で良いのです。そういう意味では気軽に仮交際へと進む事は可能です。しかしお見合いで不快に思ったり生理的に合わなかったら、お見合いに進まなくて全く問題ありません。

とりあえず、自分だけ一方的に長い時間話さない。相手に興味を持って質問をする。それから相手の話の長さや内容を受け入れる事ができれば仮交際を検討する。

無理のない範囲かどうかの見極めが大切でしょう。




最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す