検索
  • INFO WO

注目して欲しい

人は自分に注目して欲しいという欲求があります。複数人で話をしていて、自分が会話についてけない、蚊帳の外であると思うとストレスを感じます。



例えば目線を合わせてもらえないとか、自分の知らない話で盛り上がるとか。そういう時に、どうしてもストレスを感じるという人もいます。それは承認欲求とも言われています。



承認欲求は例えばSNSでいいねを沢山もらえたら嬉しいといったケースがあります。



これは1対1でも起こり得ます。一方的に相手が話をしていて、こちらが置いてけぼりになったとき、相手にして欲しいという欲求が芽生えることがあります。



また、自分と関係ない話をだらだらと続けられたら、退屈だし楽しくないと感じるでしょう。



ですから、話をしている側は相手の承認欲求を満たすために、会話の中に相手のエピソードを盛り込むなどをして、相手にも会話に登場させることで、退屈な時間を解消することができます。



もちろん何かのエピソードなどは、一方的に話すことになると思いますが、それでもどこかで相手を登場させる(投げかける)ことで、相手も話に集中するし、承認欲求も満たされるでしょう。



相手にしっかり話を聞いて欲しい、注目して欲しいと考えるなら、会話の中で相手の名前を呼びかけるなどして相手の承認欲求を満たすことを意識してみましょう。





最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す