検索
  • INFO WO

自分が変わること

返報性の法則というものがあります。これは、相手に何かしてもらった時に、お返しをしたい(しなければならない)という心理が働くことを言います。



誰かに優しくすれば、その人も優しく接してくれます。

気になる相手がいた時、自分の態度や行動を振り返ってみましょう。自分がそっけない態度を取っていては、相手は何もしてくれません。相手が何もしてくれないから自分も何もしないという考えが働いていないでしょうか。



相手に優しく接してあげたり、自分から何か行動を起こすことで、相手からも優しくされたりお返しをされたりすると言われています。



また、男性と女性では脳の構造が違うと言われています。女性の方が右脳と左脳の連動性が優れていて、感情が豊かと言われています。



男性は理性的に物事を考える際、感情の入る余地があまりありません。

こういったことから、男女の違いがあり、分かり合えない部分があります。



そういう男女の違いがあることを認識して、何か揉め事があった時は相手に歩み寄ることも大切です。相手の性格によることもありますが、根本的な男女差があるということです。



そういう点では先程記載しました返報性の法則が生きてきます。まずは自分が与えるのです。それは物質でもいいですし、態度行動でも良いかと思います。自分が歩み寄れば相手も悪い気はしません。相手を変えるという発想ではなく、自分が変わるのです。



これは恋愛に限りません。勇気を持って、歩み寄る行動が、2人の関係を良好なものにするでしょう。



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す