検索
  • INFO WO

聴く/伝えるとは

コミュニケーションは大切だと頭では理解していても、そこに工夫がなければ一方的になものになってしまいます。



婚活で言えば、最初に面と向かって会う時。結婚相談所で言う所のお見合いの場合。アプリなどで実際に会う時、街コンで言えば同じ席の方とお話をする時。



まずは、相手がどんな人か興味関心を持つ。ここまでは難しいことではないでしょう。では、相手と会話のキャッチボールができるかどうか。



当然、相手について質問をしていくと思います。その時、気を付けたいのが表面的な情報のやり取りだけで会話を終えてしまわないようにということ。相手から聞いた事について、詳しく聞いてみたり共感したり感心したり。それがいわゆる「聴く」ということにつながっていきます。



相手の気持ち、考え方、状況。そういったことを、聴く。そうやって、相手を理解することができる。相手を表面的ではなく深く知ることができる。



そして、聴くだけでなく、自分も開示する。自分はどういう人間なのか、何にこだわっているのか、どんな価値観・考え方を持っているのかを伝える。



一方的に伝えては相手がおなか一杯になってしまいます。まず一つの事を伝え、相手も興味を持てば深く質問してくるでしょう。



会話のキャッチボールができれば、お互いの事を知ることができるできます。最初は形式ばったやり取りになってしまいがちですが、限られた時間でお互いの理解を深めるには、聴く、伝えるという両方を行う必要があります。



そのためにも、相手に関心を持ち、自分についても情報を伝える。そこからコミュニケーションは始まるのです。




最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す