検索
  • INFO WO

結果を褒めるかプロセスを褒めるか

相手に褒められると、認知されたと感じ、承認欲求が満たされます。そして自分のした行動が間違っていないという自信にもつながります。



良い結果が出たら手放しで褒めることができるでしょう。しかしながら、必ずしも良い結果が出るとは限りません。その場合、どのように対応するかで相手に与える心理的要素が変わってきます。



例えばボーリングで、ストライクが出た、さらにはターキーまで出たとなったら、同じチームのメンバーは大喜び、本人もメンバーもテンションが上がります。これは好結果が出た例。



一方で、一投目がど真ん中に投げてしまいピンが割れたとき、仲間はため息が出てしまうこともあるでしょう。そこで、「惜しい!真ん中に行き過ぎた!」「コースは悪くない!」「スピードめっちゃ出てた!」など、プロセスに着眼し、褒めることができれば、投げた人も精神的ダメージは少ないでしょう。



そういう何か結果が出るような行動を取る時に、結果ばかりに目を奪われず、そのプロセスも良く観察して、褒める。そういう習慣が身に付けば、異性とも良好な関係が築けるでしょう。



人は認められたり褒められたりしたら喜びます。当然のことではありますが、その「褒め」が上手かどうかで二人の距離が近づけるかどうかが変わってくるでしょう。



がっかりするのが一番いけません。どんまい!です。そして良い結果が出たら心から喜び、それを相手に伝える。観察と感情表現。良好な関係性には必要となるでしょう。



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す