検索
  • INFO WO

結果を出すには

なかなか結果が出ない時に、自分の境遇や持っているもののせいにしてしまうことがあります。ダメな理由を決めつけて、諦め癖がついてしまうことがあります。

しかし、実際に成功する人は、自分の能力のせいにするのではなく、やり方を変えようと工夫をします。失敗経験から学びを得て改善しようとします。

そして、挑戦し続けることが良い結果を導き出すのです。

例えば、異性にアプローチをして振られると、人間性を否定されたように思い込む。年収や容姿などのせいにして落ち込んでしまう。

そうした時に、何か自分をパワーアップできることがないか、前向きに考えてみるのです。自分の行動を変化させる。トライアンドエラーで改善してみる。



例えば、ファッション一つでもその人を魅力的に見せることはできます。服装にこだわりを持つことだけでも、周りの見る目は変わってきます。

それから、笑顔。笑顔はその場を明るくします。笑顔が苦手な人は鏡を見て、練習をしましょう。キャビンアテンダントの方でも、笑顔は練習して身につけていると言います。

会話はマイナスな言い回しをやめて前向きに話す。相手の話をきちんと聞いて、質問をする。質問は一問一答にならないよう、深掘りの質問もしてみる。

そうやって、ファッションや表情、会話の工夫などで、魅力を増すことができます。

まず、自分の工夫できることはないか、行動を起こす。挑戦を続ける。そうやって自分を成長させていくことが、良い結果へとつながっていきます。



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す