検索
  • INFO WO

結婚相談所選びで気を付けたい事

まず、結婚相談所の情報というのは溢れかえっています。ネットで検索すれば幾つでもヒットします。当相談所もHPを掲載していますが、トップ表示にはならず、Google検索では2ページ目か3ページ目に表示されており、幅広く検索しなければ目には止まりません。



では、どういった所が最初のページに表示されるかというと、宣伝広告費を投入している相談所や、ブログ読者が沢山ついてアクセス数の多い所などになってきます。



それ自体は問題ないのですが、情報が溢れている故に、選び難いということがあります。どれも似たような内容である事も理由として考えられます。



婚活に真剣なゆえに、色んな所の情報を集め資料請求などをした時点で、それぞれに相談所について知識を入れたことに満足してしまい、そこから進まなくなってしまう事があります。



また、幾つかの書類を集める手間を惜しんで、行動を起こさない人もおられます。



しかし、結婚相談所での婚活は、みずからが行動を起こさなければ何も始まりません。強い目的意識を持ち、本気で取り組んでやっとスタートラインに立てるのです。受け身の姿勢では良い結果が生まれません。ですから、集中して行動する事をおススメします。



また、CMや広告で有名な結婚相談所を利用する際は注意した方が良い事があります。大手の有名相談所は、いわゆるマッチング型と言われ、結婚を真剣に考えたお付き合いを始める時点でサービスが終了するケースが多く、サポートも手薄な所が多いのです。



最初に多額のお金を払い、成婚料は無料の所が多いです。これは、ご成婚(プロポーズ)までフォローしないための料金プログラムとなっています。



大手相談所で満足がいかずに途中退会した人も少なくありません。そういったマッチング型の結婚相談所と、仲人がしっかりサポートする仲人型の結婚相談所とでは、サポートの質、長さに大きな違いがあります。



ですから、相談所を選ぶ際、手厚いサポートを希望するか、自主的に取り組むかで選ぶ相談所の形態は異なってきます。そういった正確な情報を、色んな相談所から

入手する事をおススメします。

最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す