検索
  • INFO WO

結婚相談所を利用するメリット

結婚相談所を利用するメリットについて、これまでも何度か書いていますが、別の角度からその良い点をお伝えしたいと思います。



恋愛経験が少ない人・・・実際にお見合いや交際でどんな話をしたらいいかわからない人に、どういった話をしたら良いかという会話のアドバイスをします。上手に話せば全て良いかというと、そうではありません。真剣にコミュニケーションを取ろうとする姿勢が相手に伝われば、誠意を感じてもらえます。そういう点でも、仲人に細かい会話の内容を報告し、アドバイスを受け止めて下さい。



どこに食事デートに行ったらいいかわからない・・・基本的に、男性側がお店を提案します。その際に、お相手の好みを聞いてあげて、それに応じたお店を提案します。その際、どんなお店を提案したらいいかわからないという人もいますので、お店探しの方法をお伝えします。良いお店が見つけられなかったと言う事であれば、仲人の方から提案させて頂きます。その提案方法にもコツがありますから、その点もお伝えします。



デートプランがわからない・・・交際を始めて、どのような流れでデートをしていったらいいのかわからない場合、そのステップを提案します。何度も食事デートだけを重ねても発展性はありません。ただいたずらに時間が流れるだけです。食事デート以外にどのような所に行けば良いか、ご提案致します。



仲人と会員さんは二人三脚で婚活を進めていきます。お付き合いすることに不慣れな方には、細かいアドバイスをさせて頂きます。そして段々と慣れていくことができます。わからないことは何でも聞いて、仲人を使い倒してください。


最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す