検索
  • INFO WO

結婚相談所をいつ選ぶか

結婚相談所を選ぶにあたって幾つかのパターンがあると思います。

1つは、友人知人や会社の同僚などからすすめられた相談所を選ぶ。

もう1つは自分でネットなどで調べる。

また、選ぶタイミングも人それぞれでしょう。

早いタイミングで結婚相談所を積極的に選ぶ。

または、いくつかの婚活サービスを試した後、最後の手段として結婚相談所を選ぶ。

パートナーと出会いたくて、アプリを使ってみたり、友達と一緒に街コンやお見合いパーティに参加して、期待したような結果にならなかった時に初めて、結婚相談所を検討される方もおられるかと思います。

結婚相談所を選ぶ要因として、相談所の場所、相談所の大体の雰囲気、カウンセラーの人間性、費用などがあるかと思います。

実際に結婚相談所に関し、これだけの事を理解し、複数の相談所を検討するとなると結構なエネルギーを使うと思います。

中には、もう少し様子をみようとか、今は忙しく仕事が落ち着いてからとか、来年から頑張るなど、スタートを先延ばしにしてしまう人もいるかと思います。

それは仕方のない事かも知れませんが、いざ結婚相談所での活動を始めたら、受け身になってゆっくりと構えていては先に進みません。

ネットなどで結婚相談所の婚活について調べた方ならご存じだと思いますが、お見合いを申し込んで成立する確率は約10%と言われています。

もちろん自分を磨き、プロフィールを充実させ、仲人のアドバイスを参考にする事でその確率を上げる事は可能です。

そういう意味でも、結婚相談所で受け身の活動をする事は好ましくありません。


何となく入って何となく活動するのではなく、情熱を無駄にしないために、幸せな結婚生活をイメージして、「〇〇までに自分は結婚するぞ!」というパワーが湧く目標を立て、取り組んで頂きたいと思います。

最新記事

すべて表示

人間としての魅力を持っている人は、同性にも異性にも好かれます。 魅力的な人と思われる要素としては、周りに感謝する、相手の良い所を見つける、笑顔が素敵、謙虚、人によって態度を変えない、聞き上手などがあげられます。 周りに感謝ができる人は素敵な人と思われます。 「ありがとう」という言葉を積極的に使うことで、言われた人はもちろん、言った人も幸せな気持ちになることができます。 人間の魅力は、幸せを感じた時

人柄とは、その人に備わっている性質や品格の事を言います。 そして、人柄が良いという言葉には、人間性に優れていて優しいという意味が込められています。 他人の気持ちを理解したり、寄り添ったりする気持ちの温かさがあるため、相手の心を開かせ、共感し合う関係を築きます。 人柄が良い人は、素直で粘り強く、自分がどんな性格かを理解し、他人の気持ちを理解して寄り添う事ができ、信用されるといった特徴があります。 人

LINEで意思疎通が上手く図れず、友人と関係がこじれてしまい、結果縁が切れたことがあります。 LINEで普通のやり取りをしていたつもりが、いつの間にか地雷を踏んでしまったようで、相手から怒りの絵文字が。普段なかなか見る事のない絵文字だけにショックは大きかったです。 その後怒りをなだめたつもりだったのですが、上手く挽回ができずに冷めた長文が飛んできました。もうここまでこじれるとどうしようもないと思い