検索
  • INFO WO

結婚相談所で活動する時の心構え

結婚相談所(ここでは仲人型)に入会して活動する際、意識すべき点が幾つかあります。まず、変にケチらない事。例えばプロフィール写真。大体1万5千円~2万円ほどかかります。それは全国の写真館とも同程度の値段です。



そこを節約して安く上げようとして、せっかくのプロフィール写真が魅力不十分になりかねません。ここは担当者に任せて、きちんとした所で撮影しましょう。



次に、プロフィール写真撮影時の服装です。男性は概ねスーツ、着こなしが上手な方であれば、ジャケパンもOK。女性は明るめの服。白や淡い色あいの服など。服装に関しては事前にプロカメラマンとの打ち合わせや担当者とのやり取りで決めていきます。



黒や茶系、暗めの色味の服は地味で目立たなくなってしまいます。”自分の好きな色”ではなく、”周りが好む色”を選びましょう。



そしてプライベートの予定は極力入れない。1年は集中して相談所の婚活に取り組むという決心が必要です。先約があってお見合いやデートができないなんて問題外です。急ぎの要件でなければ、後回しにしましょう。



そして服装など。男性なら清潔感。これは担当者から口酸っぱく言われるでしょう。男女とも、最初のうちからあまりラフな格好にならないように。デートを重ねるうちにTPOに合わせて服を選ぶのが良いでしょう。



他にも幾つかありますが、いずれにせよ、担当仲人と密な連絡を取って、わからないことは教えてもらいましょう。そして、お見合いやデートの内容をちゃんと報告して、対応策を考えましょう。特にポイントなのが、お断りされた時。何がいけなかったのか明確にする必要

があります。


そうして、担当者との連携を取っていくことで、婚活という難局を乗り越えましょう。



最新記事

すべて表示

意思の疎通をコミュニケーションと言いますが、コミュ力が高いとか低いとかという表現があります。実際にコミュ力が高い人とはどんな人でしょうか。 外交的な人をコミュ力が高いと感じる人もいますが、コミュニケーションとは情報交換や意思の疎通を双方向で行うものですから、相手の話を聞かず一方的に話す人はコミュ力が高いとは言えません。 逆に内向的な人でも、相手の話を聞く事ができ双方向で会話ができる人はコミュ力が高

婚活を行っていく上で何が課題となっているかが分かれば、次に課題を解決するための筋道を計画します。 今行き詰っている事を上げていきます。 例えば、お見合いの申し込みをしてもなかなかお見合いが組めない場合、 ①お見合いの申し込み人数を増やす②プロフィールを見直す③お見合い相手の基準を見直す、という3点があった場合。 ①であれば、月何人に申し込むか、どれくらいのペースで申し込むか(1回あたり何人か等)。

スムーズに婚活が進まない時、どういった事が考えられるでしょうか。 例えばお見合いのお申込みをしてもなかなかお見合いが組めない時。考えられる対策はいくつか考えられます。 まず、お見合いのお申込み人数を増やす。これは、お見合い成立に一定の確率があるので、お申込みの数を上げ、成果を得ると言うものです。 次に、自分のプロフィールを見直す。例えばダイエットをして体重を減らす。写真に魅力が足りなければ撮り直す