検索
  • INFO WO

結婚相談所で婚活を開始する前に

結婚相談所に入会する際は、契約書にサインをします。それから実際の婚活に対し、仲人とのカウンセリングを行います。段取りは各相談所で異なりますが、ひとくくりにすると、活動前にどのような人と巡り合いたいかを検討し、いつまでに成婚に至りたいかという目標設定を行います。



ゴールインの日付の目標設定は大切です。ゴールから逆算して、どのタイミングで真剣交際に入り、そのためにはどれだけの人と仮交際をして、そのためにどれくらいのペースで、何人に対しお見合いを申し込むか。それらを検討します。



希望条件を決める際、多くの人は自分の好みを優先させ希望を仲人に伝えます。ここで、仲人によって対応が異なります。例えば高望みをする会員さんがいたとして、まずはその望みを否定せず、婚活に取り組んでもらう。そして、なかなかうまくいかないという経験を積ませたあとで、条件に対し踏み込んだカウンセリングをする。



確かに本人が納得するよう自由(ノータッチ)に活動を見守るのも一つの方法です。ただその際、高望みゆえに、ことごとくお見合いのお断りをされてしまいます。それは、本人にとっても自信を喪失することにもつながりかねません。



そういう点では、まず最初のカウンセリングの段階で、じっくり本人の目指す現実的なお相手像を確認する方が先々の婚活で異なる結果を生み出すと考えられます。



まずはマインドセット(価値観)を整えることが必要です。本当に年下がいいのか、子供はどうしても必要なのか、年収にこだわりすぎていないか、プロフィール上のルックスに固執していないか。



何も本人の希望を否定するわけではありません。本人が気づかない潜在的なニーズがないかをカウンセリングするのです。



そうして、婚活が前に進む感覚を掴んで頂きます。半年から一年の間、婚活は続きます。しかし裏を返せば、半年から一年間集中して取り組むと強く決めることが大切なのです。くじけそうになる時もあるでしょうが、活動に波があって当然です。



しかし、途中であきらめてはきっと将来後悔するでしょう。一年間限定で構いません。その間は休みの日は極力用事を入れないで、お見合いやデートを優先し、婚活に対しベストを尽くすのです。そうして、真摯に婚活に取り組むことで、良き出逢いにも巡り合えるでしょう。



その良き出逢いを生かすためにも、お見合いを積極的に組んで、どんなお見合い相手にも自分のベストを尽くして、交際お申込みをもらえるように心がけることです。そうして目的意識をもって過ごす一年と、ただ漫然と自分の希望条件に固執して過ごす一年とでは、大きな差が生まれるでしょう。


最新記事

すべて表示

「言葉」にしなければ自分の考えは何も伝える事はできません。 「黙っていても以心伝心で伝わるものだ」と思う人もいるかもしれませんが、そこに「分かってもらえて当然」という思い込みがあるかも知れません。 態度で示すという方法もあります。 言葉にする必要の無い事もあるでしょう。 しかし、言葉にする事でしか伝えられない事の方がよっぽど多いのが現実です。 「自分の気持ちを率直に表現する」という意味で自分の意志

人間としての魅力を持っている人は、同性にも異性にも好かれます。 魅力的な人と思われる要素としては、周りに感謝する、相手の良い所を見つける、笑顔が素敵、謙虚、人によって態度を変えない、聞き上手などがあげられます。 周りに感謝ができる人は素敵な人と思われます。 「ありがとう」という言葉を積極的に使うことで、言われた人はもちろん、言った人も幸せな気持ちになることができます。 人間の魅力は、幸せを感じた時

人柄とは、その人に備わっている性質や品格の事を言います。 そして、人柄が良いという言葉には、人間性に優れていて優しいという意味が込められています。 他人の気持ちを理解したり、寄り添ったりする気持ちの温かさがあるため、相手の心を開かせ、共感し合う関係を築きます。 人柄が良い人は、素直で粘り強く、自分がどんな性格かを理解し、他人の気持ちを理解して寄り添う事ができ、信用されるといった特徴があります。 人

結婚相談所WO